工事完成図書の電子納品代行 サービス

工事完成図書 の 成果品 を お客様 に代わって 作成します。 工事完成図書 の 電子納品作成サービス 内容は主に以下のような項目になります。すべて弊社で行いますのでお客様はデータをご用意いただくだけです。

サービス概要

主な 作業内容

作業項目 作業内容
INDEX XML(管理ファイル)作成 工事 の 基本情報 を 登録します。CORINS 等をご用意いただくか、弊社から 必要な情報 をお聞きして 作成 いたします。
各種 管理ファイル( XML )作成 書類 ・ 図面 ・ 写真などの 属性情報 を 管理ファイル に 登録します。
オリジナルファイル等のリネーム 電子納品要領 の ルール に合わせて ファイル名 を 付け替えます。作成時のファイル名 のまま ご支給 いただいても大丈夫です。
チェックシステム による エラー検査
及びチェック結果 レポート
国土交通省 をはじめ 各発注機関 で発表されている チェックシステム を 使用して 納品前の事前チェック を行い、チェック結果 を レポート します。
ウイルスチェック Norton Internet Security(Symantec社)
Kaspersky Internet Security(Kaspersky Labs Japan社)
の最新バージョンによる ウイルスチェック を徹底しています。
電子媒体レーベル ・ケース背表紙印刷 各発注機関毎の指定フォーマットで作成します。
レーベル はプリンタブルCDに直接印刷します。
指定の様式がある場合は指示いただくことで対応します。
提出時に必要な書類ファイル 各発注機関仕様の 電子媒体納品書 を添付します。

工事写真 の電子成果品の作成

日々の工事で撮りためた写真の整理をします。
どの段階でお任せいただくかにもよりますが、ご相談は早めにいただくことをおすすめします。
次のように写真を支給いただくことが多いです

支給時の写真の状態 弊社の作業内容 お客様との打合せが必要な事例
デジカメで撮影したJPEGファイルをフォルダにJPEGを格納して支給 1.電子納品作成ソフトで取り込む
2.写真管理情報をコメントや黒板を見ながら入力
黒板が写真に写っていない(情報がない)場合
工事写真 を貼り付けたEXCELファイルの写真アルバムを支給 1.EXCELから写真データを抽出
2.写真管理情報をコメントや黒板を見ながら入力
コメントや黒板が無い場合
工事写真 を「蔵衛門」で管理しているが電子納品対応版(「御用達シリーズ」ではない)。本棚ファイルもしくはアルバムファイルで支給 1.蔵衛門御用達に取り込む
2.写真管理情報をコメントや黒板を見ながら入力
コメントや黒板が無い場合
電子納品に対応したソフトで管理していて電子納品用に書き出した「PHOTO」フォルダを管理ファイルごと支給 1.チェックシステムによる構成チェックがメイン
2.エラー箇所があれば報告・見積提示後に修正
対象の写真管理基準とは異なる基準によって作成されている場合

デジタルカメラ で 撮影した写真 は何らかのソフトで管理している ケース が増えています
電子納品の場合、国土交通省 デジタル写真管理情報基準 のように 管理ファイル を入力する際に ルール があります。必須項目 や 選択項目 などに 違反している場合にはエラーとなります。
弊社では、100%お客様の真意に沿った 写真管理情報 を入力することはできませんが、弊社でのこれまでの経験から可能な限り実態にそうように考えながら 写真を整理 しています。その為に現場での経験もつむよう心がけています。
写真の整理 は大変です。気づくとたまってきたり 工期間際 の忙しさなのかでできなかったり。私たちは現場の忙しさ大変さを良く知っていますから少しでも皆さんのご負担が軽くなればとの思いでお手伝いさせていただきます。

SXF( P21 ・ SFC )図面変換 ・ CAD製図基準 に即した 図面修正

電子納品のもう一つの手間が SXF形式CADデータ と言えるでしょう。普段お使いの CADデータ は 納品時には SXF形式のデータ にして納品する必要があります。またその際に CADデータの内容 についても CAD製図基準 に準拠させる必要があります。CAD製図基準 には、CADデータの作成について規定されています。以下に代表的な項目を抜粋します。

  • 図面様式(図面の大きさ、余白、レイアウト等)
  • CAD データファイルのフォーマット
  • CAD データ・ファイルの名称
  • レイヤの名称
  • ファイル・レイヤの分類方法
  • 線色 ・ 線種
  • 文字( 文字高 )
  • 図形 及び 寸法の表し方

これらについて 最終的 には 発注者 と協議したレベルで対応させていく必要があります。
弊社では、従来どおりお客様のご利用になる環境で作成されたCADデータをCAD製図基準(案) に準拠するよう図面を修正・変換していきます。変換レベルは対象となる基準や発注機関によって異なりますので最初にインタビューしますが NEXCO や 農林水産省 のように厳しいチェックを行う場合もありますので注意が必要です。いずれも弊社では対応していきますのでご相談下さい。

紙媒体・書類の電子化もいたします。

最新の 電子納品要領 では工事中に 紙媒体で情報のやりとりをするもの と 電子データ で行うものを分けて考えています。紙媒体で情報をやりとりするものは必ずしも 電子化して提出する必要はない とも受け取れます。
しかし 現場では様々な書類 が存在しており、工事終了に併せて 保管 が必要になるものもあります。
これらの情報を 今後の仕事でも活用 できるように 電子化したい という要望も多く寄せられます。
むずかしい仕事 ではありませんが 量が多くなる と大変な作業になります。
弊社では 工事期間中に発生した書類 を 一式お預かりして  スキャニング し 分類したのち お客様に納品するサービス を行っています。思い当たる方は一度ご相談下さい。

電子納品代行サービス