調査・設計業務の電子納品代行

調査・設計業務の電子納品代行 は、調査・設計業務の成果品 をお客様に代わって作成します。 調査・設計業務の電子納品代行サービス 内容は 主に以下のような項目になります。すべて弊社で行いますので お客様はデータをご用意いただくだけです。

サービス概要

調査・設計業務の電子納品代行 サービス の主な作業内容

作業項目 作業内容
INDEX.XML(管理ファイル)作成 業務 や 工事 の基本情報を登録します。TECRIS や CORINS 等をご用意いただくか、弊社から必要な情報をお聞きして 作成いたします。
各種管理ファイル(XML)作成 報告書や 書類 ・ 図面 ・ 写真などの属性情報を管理ファイルに登録します。
オリジナルファイル等の リネーム 電子納品要領(案) にルールに合わせてファイル名を付け替えます。作成時のファイル名のままご支給いただいても大丈夫です。
チェックシステム によるエラー検査及びチェック結果 レポート 国土交通省 をはじめ各発注機関で発表されている チェックシステム を使用して 納品前の事前チェック を行い、チェック結果 を レポートします。
ウイルスチェック Norton Internet Security(Symantec社)
Kaspersky Internet Security(Kaspersky Labs Japan社)
の 最新バージョン による ウイルスチェック を徹底しています。
電子媒体 レーベル・ ケース背表紙 印刷 各発注機関毎の 指定フォーマット で作成します。
レーベル は プリンタブルCD に直接印刷します。
指定の様式がある場合は 指示いただくことで対応します。
提出時に必要な 書類ファイル 各発注機関仕様の 電子媒体納品書 を添付します。

報告書 PDF作成

例えば 国土交通省 土木設計業務等の電子納品要領(案) 平成20年5月版 によると報告書は以下のように規定されています。

  • 報告書ファイル のファイル形式は PDF 形式とする。
  • 報告書ファイル は、設計図書 に規定する成果品のうち 報告書、 数量計算書、 設計計算書、 概算工事費、 施工計画書等の文章、 表、 図 で構成される 電子データファイル である。・・・報告書オリジナルファイル も提出する。
  • 報告書ファイル の許容される 1 ファイルあたりの最大容量は、 調査職員と協議 する。
  • 用紙サイズは、A4 縦 を基本とする。
  • 印刷を前提とした 解像度、 圧縮の設定 を行う。
  • PDF 形式の目次である「しおり(ブックマーク)」を報告書の目次と同じ章、節、項(見出しレベル1~3)を基本として作成する。また、当該ファイル以外の別フ
    ァイルへのリンクとなる しおり に関しては、大項目(章) に関してのみ作成する。

弊社ではこれらのルールによって 報告書PDF を作成します。
報告書PDF は 原稿の状態 により 最初の工程が異なります。

原稿の状態 方法 メリット デメリット
スキャニング による PDF化 原稿と変わらない状態で PDF化 できる オリジナルデータ からの PDF化 に比べてファイル容量が大きい
PDFが “傾き” や “かすれ” などが出やすい
電子データ
(オリジナルデータ)
オリジナルファイルから PDF 化、ページ順に並び替え ファイル容量が小さくなる オリジナルデータの履歴管理により原稿との差が生じる場合がある
フォント や マクロ など環境により再現ができない場合がある

PDF化した後は属性設定を行い「しおり」を作成していきます。
「しおり」は、目次と同じ章、節、項(見出しレベル1~3)を基本に作成し、ファイル間リンクが必要な場合は随時設定します。

最後に PDF をリネーム した状態で納品いたします。

SXF(P21・SFC)図面変換 ・ CAD製図基準に則した図面修正

電子納品のもう一つの手間が SXF形式 CADデータと言えるでしょう。

普段お使いのCADデータは 納品時には SXF形式 のデータにして納品する必要があります。またその際にCADデータの内容についても CAD製図基準 に準拠させる必要があります。

CAD製図基準 には、CADデータの作成について規定されています。以下に代表的な項目を抜粋します。

  • 図面様式(図面の大きさ、余白、レイアウト等)
  • CAD データファイルのフォーマット
  • CAD データ・ファイルの名称
  • レイヤ の名称
  • ファイル・レイヤ の分類方法
  • 線色・線種
  • 文字(文字高)
  • 図形 及び 寸法 の表し方

これらについて 最終的には 発注者と 協議したレベルで対応させていく必要があります。

弊社では、 従来どおり お客様のご利用になる環境で作成されたCADデータ をCAD製図基準 に準拠するよう 図面を修正・変換 していきます。変換レベル は 対象となる基準や 発注機関によって 異なりますので 最初にインタビューしますが NEXCO や 農林水産省 のように厳しいチェックを行う場合もありますので 注意が必要です。いずれも弊社では対応していきますのでご相談下さい。

地質・測量・※補償業務の電子納品 作成

地質調査業務 ・ 測量業務 ・補償業務 の電子納品 も作成します。

地質調査業務 は 柱状図データ や 試験データ、測量業務 は 手簿 や 成果表 などそれぞれの業務に特化したデータを納品する必要があります。これらにも対応した 成果品 を作成します。また地質調査業務では作成する際に判明した試験データ等の修正も行うことができます。

補償業務 は、これに特化した電子納品要領 というものはありませんが、特に指定がない場合 一般的な土木設計業務等の電子納品要領(案) によって作成しています。ただし注意が必要なのは写真です。補償調査 においては 膨大な写真 による記録が必要となりますが、まだデジカメ ではなくフィルム撮影 が主流の様です。 そこでこれを電子化するわけですが多くのお客様は 写真アルバムで写真を保管されていますので いわゆる手取りスキャンが必要になります。その場合は 私たちのこれまでの経験により 最適な解像度で(あまり高解像度すぎるとファイルサイズが膨大になります。)一枚一枚をPDF化 していきます。

電子納品代行サービス